SEO対策には、良質なコンテンツが欠かせない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SEO対策には、良質なコンテンツが欠かせない

費用対効果も高く、長期的に集患を行っていくうえで有効なSEO対策。検索されやすいキーワードをサイトの中に埋め込んだり、外部サイトからのリンクを集めたりするのは、その代表的な施策と言えます。

しかし、最近ではさらに効果のある方法として、オリジナルコンテンツを作るという施策が注目を集めているのをご存知でしょうか。今回は、ホームページのコンテンツと検索順位の関係について説明させていただきます。

検索結果の順位は、どうやって決まる?

繰り返しになりますが、SEO対策はYahoo!やGoogleなどの検索サイトで目につくよう、できるだけ上位に表示されることを目的としています。一般的に検索サイトのユーザーは上から順番に検索結果を見ていくため、上位に表示されればそれだけアクセスしてもらえる可能性が高くなるのです。

この表示順位は検索サイト側が開発した独自のプログラムによって自動的に決められますが、一般的には以下のような基準があると言われています。

  • 掲載情報の信頼性が高いサイト
  • 掲載情報がユーザーにとって有益なサイト

このうち、「掲載情報の信頼性」は被リンクの質や数で判断されます。つまり、信頼のおけるサイトから多くのリンクを貼られているほど、そのサイト自体も信頼の置ける情報が掲載されていると判断されるのです。

2つ目の「ユーザーにとって有益な情報」は、他サイトのコピーではなくオリジナルな情報が掲載されているかや、掲載されている情報の価値などを総合的に見て判断されます。情報の価値は人によって異なるものではありますが、基本的にはホームページを見に来てくれた人が「役に立つ」と感じるものほど上位に表示されると考えていいでしょう。

Yahoo!やGoogleなどの検索サイトがこうした施策を取るのは、ユーザーにとって有益な検索結果を表示することが、自身のサイトを使ってもらうことに直結しているから。そして、検索サイトで上位に表示されるためには、こうした検索サイトの基準に合わせてホームページを作ることが大切なのです。

良質なコンテンツがSEO対策のキーポイント

先ほどの基準にもあった「ユーザーにとって有益な情報」について考えてみましょう。

ホームページに訪れる患者様にとって有益な情報とは、言うまでもなく自身の病気を改善してくれる情報のことを指します。例えば貴院が糖尿病治療を専門としているなら、食事療法の進め方や、治療を行いながらも満足感の得られるメニューといったコンテンツは、患者様にとって「有益な情報」と言えるのではないでしょうか。

また同様に、貴院が小児科クリニックであれば、お子様の代表的な症状と対応方法や疑われる疾患などのコンテンツがあれば、小さな子どもを抱えるお母様がサイトを見てくれる可能性が高くなります。

このように、日頃から患者様と接している先生ご自身が、症状を改善したり不安を取り除いたりしてくれるような情報をコンテンツとして発信すれば、検索サイトからも「ユーザーにとって有益な情報」と判断され、上位に表示されることにつながります。患者様にとっては、出所の分からない情報よりも、医師である先生のお名前で出される情報のほうが安心できることは言うまでもないでしょう。

もちろん、こうした情報が掲載されているサイトは、一般の患者様からも頻繁に見られ、頼りにされるため、貴院の評判を高める効果もあります。

また、医院のホームページにこうした情報コンテンツを掲載するのは、まだどこの医院でもやっている施策というわけではないため、オリジナリティも高くSEO対策としても非常に高い効果が期待できるのです。

患者様の役に立つサイトは、SEO効果も高い!

SEO対策と言うと実際の作業が見えにくいだけに、少し難しい施策のように感じられるかもしれません。しかし、検索サイトで上位に表示されるために大切なのは、先生の経験やご見識を生かし、患者様にとって役立つサイトを作ることということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

SEO対策ができるだけでなく、患者様からのアクセスを集め、貴院の評判も高める効果が期待できるコンテンツづくり。早速、貴院のホームページ制作にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

こちらのコンテンツも参考にご覧ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。