ホームページを制作する前に、全体のコンセプトと設計図づくりが重要な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページを制作する前に全体のコンセプトと設計図づくりが重要な理由

ホームページを制作するうえで、最も大切と言われているのが明確なコンセプトとページ全体の設計図を作ること。その重要性は、集患のためのページ制作においても何ら変わるところはありません。

ここでは、コンセプトや設計図の重要性と、それらの具体的な作り方について考えてみましょう。

ホームページ制作にコンセプトが重要な理由

コンセプトや設計図などといった大げさなことを考えなくても、簡単なホームページくらいなら制作できそうなもの。それが重要と言われている理由は、どこにあるのでしょうか。

実は、明確なコンセプトや設計図なしでもホームページを作ること自体は可能です。制作会社に依頼すれば、一般的なホームページと同じようなページ構成で、ひととおりの情報が詰まったものを作ってもらうこともできるでしょう。しかし、それではあまり個性のない「他院と同じような」ホームページが出来上がってしまう可能性があります。

このページをお読みいただいている先生諸賢にはあえて申し上げる必要もないかもしれませんが、こうした平均的で個性のないページが、効果的な集患に役立つことはありません。

ホームページを見ている患者様は自分の健康状態に不安を抱えており、それを解決してくれる病院やクリニックを探しています。そのような状況で「他院と同じような」「平均的な」ホームページを見ても、「この病院に行きたい」と考える患者様はいないでしょう。

こうした患者様に来院いただくためには、貴院の特徴や得意分野を伝え、健康状態の改善に役立つことを積極的にPRしていく必要があります。そして、どのようにPRしていくかといった方針を決めるのが「コンセプト」を決めるということでもあるのです。

掲載するコンテンツは、コンセプトに合わせて決める

このように、コンセプトは集患に効果のあるホームページを制作するうえで大切なもの。具体的には以下の2つのポイントで考えるといいでしょう。

・医院のどのような点をPRするか

 例)親しみやすさを強調したい、アクセスのよさや診療時間など利便性をPRしたい、など

・どんな患者様に来院いただきたいか

 例)交通事故の患者様を集めたい、糖尿病の専門医であることを伝えたい、など

こうしたコンセプトは、ホームページに掲載するコンテンツ(=設計図)にも大きく影響します。

例えば「親しみやすさを強調したい」場合、先生ご自身のお顔や考え方が見えるようなページやスタッフ紹介ページなどを設け、患者様に安心して来院いただけるようなコンテンツを増やしていく必要があります。

また、後者の「交通事故の患者様を集めたい」場合は、事故後どのようなリハビリを行っていく必要があるか、どのような後遺症が考えられるか(検査の必要があるか)といった、交通事故に遭われてしまった患者様にとって必要な情報をコンテンツとして掲載するなどが考えられます。

このように、ホームページに掲載するコンテンツはコンセプトによって大きく変化するもの。引いてはそれが貴院のホームページを「他院とは違う」「個性的な」ものにし、効果的な集患につなげてくれるのです。

継続して情報発信できるコンテンツを考えよう

ホームページの掲載コンテンツを考えるうえでは「継続して情報発信できるか」という視点も重要です。せっかくホームページを制作しても、更新されずいつも変わり映えしないのでは、次第に見られなくなってしまうでしょう。継続的に患者様に見ていただくためにも、ホームページの更新は大切なことなのです。

こうした継続的に更新できるコンテンツの代表例としては、先生やスタッフの皆さんの日常を描いたブログや、「テレビで紹介されました」などのような病院に関するニュースなどがあげられます。ホームページ完成後、更新にかけられる手間などを踏まえてコンテンツを考えていきましょう。

コンセプトと設計図は集患効果を左右する

ホームページを効果的な集患につなげるためには、貴院の専門分野や特徴を伝え、患者様に「この病院なら快適に治療ができそう」と実感していただくことが大切です。

ホームページのコンセプトや設計図は、そのためのメッセージを患者様にぶれなく伝えるうえでとても大切なもの。制作会社に依頼する前に、しっかりと練り上げておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。