医院ホームページで新規の患者様を増やすためにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
医院ホームページで新規の患者様を増やすためにできること

パソコンやスマートフォンが普及し、誰でも簡単にインターネットにアクセスできるようになった現代。インターネット広告の重要度は日増しに高くなり「集客のためには、まずホームページから」とまで言われるようになってきました。

このように新しい広告形態として注目が集まるホームページですが、実際のところ集患にはどの程度効果があるのでしょうか。今回は、ホームページが持つ広告効果について考えてみましょう。

多くの人の目に止まる広告は効果が高い?

これまで、医院やクリニックの広告というと電車やバスなどの中吊り広告やチラシ、また場合によってはテレビCMなどが一般的でした。これらの広告の利点は、何と言っても多くの人の目に止まること。それだけに、非常に高い広告効果を持っていると考えられてきました。

これらの広告は集患の定番方法として今も一般的に使われていますが、実はデメリットもあります。その中でも特に見逃せないのは、多くの人の目に触れることはできても、その中で健康に不安を抱えて病院を探している人はほんの一握りということ。

せっかく中吊り広告やチラシを作っても、それを見る人の多くは患者様になる見込みのない人なのです。これでは効果的な広告とは言うことはできません。また、中吊り広告やチラシ、テレビCMなどは広告料も高く、費用対効果という意味でも疑問が残ります。

こうした事情もあり、近年注目を集めているのがホームページを制作し、広告(媒体)として活用するという方法です。

ホームページはご存知の通り、ヤフー(Yahoo!)やグーグル(Google)などの検索サイトでページを探して閲覧するもの。例えば病院のホームページを開いている人は、健康に何らかの不安があり、それを改善してくれる病院を探していることがほとんどです。このように、ホームページはページ内の情報に興味がある人に、ピンポイントでアピールできる広告(媒体)であると言うことができます。

集患に強いホームページの条件とは

では、集患効果を高めるためには、どのようなホームページを作ればいいのでしょうか。

2つのポイントを紹介します。

1.コンテンツ内容を充実させる

最も重要なポイントは、ホームページに掲載されるコンテンツを充実させるということ。医院のホームページには一般的に、その医院の特徴や治療方針、電話番号や地図などの情報が掲載されています。しかし、これだけの情報では一通り読んでしまった後はホームページを再度開く必要がなくなってしまい、効果的な活用にはつながりません。

病院を探している人や現在通院中の患者様に何度もホームページを訪れてもらい、頼りにされる医院になるためには、コンテンツを充実させるのが効果的です。例えば貴院が人工透析を専門としているクリニックなら、推奨する食事や、生活上の注意点など役立つ情報が掲載されていれば、患者様も定期的にホームページを訪れてくれるのではないでしょうか。

2.検索エンジンに強いホームページを制作する

もうひとつのポイントは、ヤフー(Yahoo!)やグーグル(Google)などの検索エンジンで上位に表示されるようなホームページを作るということ。ほとんどの人は、グーグル(Google)などの検索エンジンを使って貴院のホームページを見つけています。つまり、効果的な集患のためには、検索結果の上位に表示されることが非常に重要なのです。

この検索エンジンに強いホームページを作る手法は「SEO対策」と呼ばれ、具体的には専門の分析ソフトを使って効果を測定しながら、少しずつホームページデータを作り変えていくといった方法がとられます。ページタイトルの変更やキーワードの埋め込みといった簡単な作業であれば個人レベルでも対応可能ですが、しっかりとしたSEO対策は手間がかかるため、専門業者に依頼するのが一般的です。

集患効果の高いホームページになっていますか?

ホームページは集患効果の高い広告(媒体)と言うことができるものの、その効果を実感するためにはコンテンツの充実やSEO対策といった工夫をこらす必要があります。

ただ、これらの工夫はホームページを作り変える(リニューアル)以外に、すでにあるホームページを改善してアクセス数が増えるように改良していく(リフォーム)といった方法でも対応が可能です。

すでにホームページをお持ちの先生は、ご自身のページが集患効果の高いものになっているか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

こちらのコンテンツも参考にご覧ください

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。