ホームページを活用して新規の患者さんを増やすためにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホームページを活用して新規の患者さんを増やすためにできること

紙媒体での広告や集患に制約があることもあり、ホームページを使った集患に関心を持たれる先生が飛躍的に多くなっています。しかし、単にホームページを出しているだけではなかなか効果につながらないとお感じの先生が多いのも事実です。

そのホームページには何が足りないのか?これからホームページ集患を考える場合は何をすれば良いのか?そんな疑問にお答えします。

今や「医者はどこに行っても同じ」とは思われていない

医療を取り巻く環境が大きく変化する中、久しく言われてきた「医療はサービス業」という考え方が本当の意味で浸透しています。サービス業の代表格であるホテルを選ぶ際に、「どこでも同じ」という選び方をする人はいません。そのホテルに泊まる理由を探して、それが自分にマッチしていると判断した場合にのみ、そのホテルに宿泊をします。
医療についてもそれと全く同じことが言える時代、今や「医者はどこも同じ」とは思われていません。そのクリニックへ行く理由、受診する意味を探しているのです。その意味が理解できて自分にマッチしたものであれば、少々遠方にあるクリニックでも行きたいと思うのが、今の患者心理です。
そのポイントは他のサービス業と全く同じですが、医療について特に言えるのは患者さん自身の身体はひとつしかなく、失敗したくないという思いが強いことです。
では、ここで言う失敗とは何でしょうか。受診してみたものの自分には合わない先生だと感じた、期待していた治療効果が得られなかった、おおむねこのような満足度の低さを失敗と表現して良いでしょう。

失敗したくないクリニック選びのために、患者さんはホームページからより多くの情報を得ようとしています。

顔が見えること、クリニックが見えること

医療機関がホームページで伝えられることは、主に以下の通りです。

  • 先生の顔や医療への思い
  • クリニック内の風景、設備など
  • 診療時間の案内
  • クリニックの場所
  • 連絡先

他にも細かい情報を入れると多岐にわたりますが、これらの情報は必須です。実はここに挙げた順序にも意味があり、優先順位の高いものから並べました。連絡先やクリニックの場所についての情報は優先順位が低いことになりますが、これは他の手段でも知り得る情報です。試しに特定の医療機関について検索をしてみると、その医療機関自身が公開しているホームページがなくても、ご丁寧にさまざまな医療情報サイトがクリニックの場所や連絡先を掲載しています。そこで大切になるのは第三者が発信してくれている情報ではなく、クリニックが主語になって発信する「そのクリニックに行った気分になれる情報」なのです。
これまでに多くのドクターを取材してきた経験から感じるのは、多くのドクターが「ウチは怖くないですよ」と伝えるのに腐心されていることです。裏を返せば、多くの患者さんは医療機関に対して「怖い」というイメージを持っていることが浮き彫りになります。

どんな先生かな?という素朴な興味に始まり、「なぜこんなになるまで放置していたんだ」と怒られるのではないかという不安、治療で苦痛や恐怖を感じないかという不安など、たくさんの不安を抱えた状態で医療機関の情報を収集しています。
この不安や疑問を解消するには、先生の顔とクリニック内の風景という2大看板が必要です。「この先生なら優しそう」「雰囲気が良さそうなので行ってみよう」と思ってもらうことができれば、そのホームページは強力な集患効果を持っていると見て良いでしょう。

そして、SEO

ホームページでの集患にはSEOが必須と言われています。一般的には「症状名または病名+地名」という組み合わせで、そのクリニックが持つ強みをキーワードに反映してコンテンツを構成するという手法がセオリーとされています。もちろんこの方法はセオリーとして今も有効ですが、SEOというのはあくまでも検索順位を高くするための手段であり、集患に直接寄与するものではないことを押さえておく必要があります。

SEOにはテクニック的な要素も多いため、うまくテクニックを駆使すれば順位を上げることはできるでしょう。しかし、その結果として流入してきた閲覧者がクリニックのホームページを見てガッカリしたとしたら、それはむしろ逆効果です。
アクセス解析をしていると「直帰率」という数字が重視されます。これは対象となるページに流入してきた人がそのページを見ただけでブラウザの「戻る」ボタンをクリックして立ち去っていった比率です。
閲覧しているページに期待通りの情報があり、さらに同じサイト内で他にも見てみたい情報があると判断したらサイト内で他のページを閲覧するでしょう。これをサイト内回遊といいます。「症状名+地名」のキーワードで流入してきた閲覧者が興味を持てば、「このクリニックの先生はどんな人だろう?」という二次的な興味を抱くはずです。そこに期待通りの先生に関する情報があれば、その人は来院にグッと近くなります。

これが、SEOとコンテンツの正しい関係です。

まだ見ぬ新規患者は疑っている

新規にホームページから患者さんを集める場合、その相手である閲覧者のほぼ全員が最初は疑っていると思って良いでしょう。ホームページに書かれていることは本当なのか、本当に受診して大丈夫なのかという疑いの目で見ることから始まります。

この心理を逆に集患につなげるには、先生の顔が見える情報しかありません。これは単に顔写真が掲載されているという意味だけではなく、先生の医療に対する思いや患者さんに対する思いについて、飾ることなくありのままを伝えることが最終的には最短ルートなのです。
すぐに効果が出るものではありませんが、しっかりと醸成された信用や信頼は簡単に揺らぐことがなく、長きにわたって先生のブランディングに寄与するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。