新規の患者さんが初めてのクリニックに行く際にホームページで確認する3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
新規の患者さんがにホームページで確認する3つのポイント

これから新たにクリニックに問い合わせをして受診をしようとしている患者さんは、まだ見ぬ先生、まだ見ぬクリニックのどこに注目しているのでしょうか。

これまでにも多くの定説が語られてきたテーマですが、患者さんの心理は昔も今もそれほど大きく変わってはいません。患者さんにとって最大のベネフィット(利益)と、それを達成するためのプロセスという視点から見た、クリニック選びのポイントを3つ挙げてみました。

ポイント1 ドクターおよび医院としての「解決力」

医療機関に行こうと思っている人のほとんどは、体に何らかの不調を感じているはずです。その不調や問題を解決して欲しいというのが患者さんにとって最大のベネフィットです。

受診の結果、何も問題がなく大丈夫と先生に太鼓判を押してもらうことが理想ではありますが、なかなかそうはいかないことは患者さん自身がよく知っています。

何か問題が見つかった時にどうすれば良いのか、その時に的確なアドバイスがもらえるのか、良いことも悪いことも全てしっかり説明してくれるのか―こうした説明力、提案力、そして解決力という「ソリューション」が求められています。

1人として同じ患者さんはいないので、それぞれの患者さんが抱える問題の原因を的確に見つけ出して、それを解決するという「オーダーメイド感」も患者さんの信用醸成に寄与します。

ポイント2 ドクターの「人柄」や「接し方」

自分の体や健康、そして命を守って欲しいというのが患者さんにとって最優先されるベネフィットですが、その次に重要になるのがその作業を誰と行うかです。

イメージ的にドクターの人柄や接し方が重視するポイントの1位だと思われがちですが、「医者はどこに行っても同じ」というイメージが過去のものとなった現在、自分がどんな医療を受けたいのかを患者さん自身が考えた上でクリニックを選ぶ時代です。

どんな医療を受けたいのか、自分の健康をどう守って欲しいのか、そしてその健康を誰に守って欲しいのかというのが現在の集患で重視される大きなポイントです。

そこには先生だけでなくそれ以外のスタッフの方々の接遇なども含まれるので、ここでも医療がサービス業であるという原点にしっかりと立ち帰ることが集患の成否を左右します。心身に何らかの不安を抱えている人だからこそ、優しく丁寧に接するというセオリーは大切にしたいものです。

ポイント3 診療所の「衛生面」や「快適性」

先生やスタッフさんというソフトウェアの次に重視されるのが、クリニックというハードウェアです。

清潔に保たれていることはもちろんのこと、衛生面への配慮を重視する患者さんはとても多く、中にはトイレが清潔に保たれているかどうかで印象を判断する人もいます。

通院するとなると日常的に通うことになる場所なので、そこが自分にとって居心地の良い場所か、そこで過ごすことがストレスにならないかという点を意識・無意識の両面から見ています。

まとめ

最近の集患はホームページを経由した動線が主流になってきており、ネット検索で見つけたクリニックの中から自分が受診するクリニックを選ぶパターンがとても多く見られます。

そのため、ホームページではいかに上記の重視されているポイントに対する答えがあるかが最初の関門になります。そして実際に来院した際には、解決力や人柄、そして快適性というホスピタリティによって患者さんの期待に応えることが継続的な来院の動機となります。

実際に多くの患者さんで賑わっているクリニックの多くはこれらのポイントを戦略的に実践しており、それがネットでの評判や口コミ評価を高め、さらなる集患につながるという好循環を生んでいます。

どれも決して難しいものではありませんが、継続して初めて結果を生むものばかりです。選ばれる先生、選ばれるクリニックになるための最短ルートは決して近道とは呼べないものかも知れませんが、これからも変わることがない普遍的な価値なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。